オンライン台湾華語 どこでも台湾

気軽に学ぶ台湾中国語教室

ボポモフォとピンイン、どちらで学ぶべき?

台湾華語、中国語には日本でいうところのふりがなである発音を表す記号にボポモフォ(ㄅㄆㄇㄈ)ピンイン(拼音)があります。
そして台湾華語を学び始めるときに多くの方が悩むのが、『ボポモフォを使うか』『ピンインを使うか』、という問題です。

中国の普通話(北京語)ではアルファベットを使ったピンイン(拼音)を使い、台湾華語では台湾独自の音声記号であるボポモフォ(ㄅㄆㄇㄈ)が使われているのです。

例)你好
ピンイン:Nǐ hǎo
ボポモフォ:ㄋㄧˇ ㄏㄠˇ

ボポモフォは初めて目にするとなんだこれは…と戸惑ってしまいますが、台湾での教育にはボポモフォが使われているのでほとんどの台湾人はこちらを使用しています。
キーボードの入力やスマホの入力にもボポモフォを使っていて、ピンインを使える台湾人はかなり少ないと思います。

そう聴くと、じゃあ台湾華語の学習にはボポモフォを使えばいいのか~、と思われるかもしれませんが。
台湾華語を学び始めるときにはまずはピンインで覚えることをおすすめします!

ボポモフォのメリット、デメリット

ボポモフォのメリットは正しい発音を覚えやすい、という点です。
台湾華語専用の発音記号なので、一度覚えてしまえば正しい発音を理解しやすいんです。
ピンインはどうしてもローマ字読みをしてしまうので間違った発音になりやすいんですよね。

そしてデメリットは当たり前ですがボポモフォを覚えなくてはいけない、ということです。
ボポモフォは母音子音を合わせて37字で構成されています。
37字だけなので頑張れば早い段階で覚えられます。が!


問題は、ボポモフォで台湾華語を覚えるということはスマホやパソコンで台湾華語を入力するときにはボポモフォを使わないといけない、ということなのです。

スマホならまだ慣れないなりにゆっくり入力することもできますが、これがパソコンとなるとすごく大変です!
日本のキーボードには「かな入力」のためのひらがなが書かれていますが、台湾のキーボードにはボポモフォが書かれています
なのでキーボードでボポモフォ入力しようとするなら、まずはボポモフォが書かれた台湾のキーボードを手に入れるか、シールなどでボポモフォを貼り付けたりしないといけません。

更にそこからキーボードのボポモフォ配列を覚えて…とすごく時間と手間がかかってしまいますし、タイピングにもすご~く時間がかかります。
頑張って慣れて覚えれば、スマホでもキーボードでも素早く入力できるようになるでしょうが、初心者のうちに時間をかけてその努力をするなら台湾華語の勉強にもっと時間を使ったほうがいい…と思うのです。
素早くタイピング出来ても、覚えている単語が少なければ意味がありません。

ピンインのメリット、デメリット

ピンインのメリットはアルファベットを使うので簡単に理解できること、そして日本での中国語の教材には圧倒的にピンインが使われていることです。
発音のための文字を覚えなくていい、というのはすごく楽で一度覚えてしまえばスマホやパソコンでの入力もスムーズにできます。

そして中国語と比べて、台湾華語の教材は圧倒的に少ないです。また、台湾華語の教材でもボポモフォの表記がなくピンインだけ、というものも多いです。
ピンインが使えれば中国語(北京語)のテキストも教材に使えるので、選べる教材の幅がすご~く広がります。
中国本土の中国語と台湾華語では単語や言い回しが違う場合もありますが、共通の部分も多いので、中国語(北京語)の教材も非常に役に立ちます。
会話のフレーズブックなど、様々な本を参考にすることで語彙力は高めやすくなると思います。

ただデメリットとしてはやはりどうしてもローマ字読みをしてズレた発音になってしまう単語があること。
日本人にとってはこれはどうしようもない部分になるのですが、英語もローマ字読みをしてしまって日本的な発音になってしまうことが多々ありますよね。
これは学習の中で正しい発音を練習していくことで解決する問題ではあるのですが、正しい発音を覚えづらいというのはデメリットになります。

ピンイン+ボポモフォのハイブリッド式がおすすめ

ここまでご説明した両方のメリット、デメリットをふまえて、個人的におすすめするのがピンインで勉強して、発音が苦手な単語をボポモフォで補う、という方法です。

1、単語や例文をピンインを使って覚えます。
2,レッスンなどで発音をチェックしてもらいましょう。
3,何度も発音を間違えた、ピンインだと発音がズレてうまくできない単語のボポモフォをメモします。
4,ボポモフォを使ってもう1度発音の練習!


こうすることで効率よく学習しながら、しっかり発音も学ぶことができます。
もちろんこれはほんの一例で、おひとりおひとり最適な学習方法は違いますので、この記事を参考に色々な方法をお試しただければ、と思います。

私自身、最初は台湾華語だからボポモフォだけで勉強しようとして一度挫折したこともあります。
1つの学習法にこだわらずに、自分自身が覚えやすく、使いやすい。そして楽しめる方法を探してみてくださいね!