オンライン台湾華語 どこでも台湾

気軽に学ぶ台湾中国語教室

台湾華語と中国語にの違いについて

台湾華語と中国語の違いについて

台湾で話されている言葉を勉強したい!と思っても、

「台湾の公用語って台湾語?」
「台湾華語って何?」
「台湾華語と中国語の違いって?」

などなどの疑問が出てくると思います。

実は台湾って様々な言語が共存している多言語国家なのですが
今回は主要な3つの言語について簡単にご説明したいと思います。

台湾華語:台湾の公用語。台湾で話されいる中国語のこと。
中国語:中国の公用語。一般的な中国語。
台湾語:台湾で中国語が広まる前に主に使われていた言語。

台湾華語について

まずは台湾華語について!

北京語をベースにした台湾の中国語で、1940年代ごろから使用され始めました。
現在の台湾の公用語で、学校などの義務教育も台湾華語で行われており、「國語」などとも表記されます。

公用語ということもあり、台湾で一番使われている言語=台湾華語です。
台湾でコミュニケーションを取りたい場合は台湾華語を学習しましょう!

中国語について

次は中国語について!

中国の公用語で、「普通話」「北京語」と表記されることもあります。
基本的に中国語と台湾華語は同じ言語ですので、
中国で台湾華語台湾で中国語を話してもほぼ問題なく会話が出来ます。

発音や単語、言い回しなどに違いがあるものもありますが、その違いを知っておけば問題ありません。
日本の標準語と関西弁や博多弁、アメリカ英語とイギリス英語のようなイメージです。
中国語自体にも広東語や上海語など多数の方言がありますので、台湾華語もその方言の中の1つのようなものになります。

中国語では漢字が簡略化されており「簡体字」という文字を使いますが、
台湾華語では昔から使われている「繁体字」が使われているのが一番の違いかもしれません。

日本の「豊」という漢字は
台湾(繁体字)では「豐」
中国(簡体字)では「丰」

となります。繁体字は日本の漢字と似ているものが多く日本人にとって学習しやすいですが、簡体字は全く違う字のものも多く覚えるのは少し大変です。

台湾語について

最後は台湾語について。
台湾華語台湾語、両方あるのがちょっと混乱してしまうポイントなのですが。

もともとは中国の福建省で話されている「閩南(ミンナン)語」がベースとなっている言語です。
福建省は台湾のすぐ西にあり、人々が移住する中で台湾でも広く使われるようになりました。

今でも台湾南部の家庭では台湾語がよく使われており、一部のお年寄りには台湾語でのみ会話をされる方もいらっしゃいますが、
台北などの都市部では、台湾語は聞き取りは出来るけど話せないという人も多くいます。
ですが台湾華語で話している中で急に台湾語が出てくる事などもよくあり、台湾の固有文化として大切にされている言語です。

ちなみに台湾語には日本語の名称などがそのまま使われている単語もあり、面白いですよ。
(オートバイ、おじさん、おばさん、兄貴、頭コンクリなどなど…)

最後に

ざっくりと簡単に説明しましたが、
台湾華語と中国語にはまだまだたくさん違いがあったり、
台湾で使われている言語は他にも何種類もあったりと語りきれないのですが、
今回は初心者の方向けに簡単にまとめてみた内容になります。
興味をもって頂けましたら、ぜひご自身でも調べてみて下さいね。